コンサートプロモーター|音大生就活ナビ

コンサートプロモーターとはどのような仕事なのか?

コンサートプロモーターとは、レコード会社や芸能プロダクションからコンサートの開催依頼を受け、コンサートの企画や制作、チケットの宣伝、販売などをおこないます。

また、コンサート会場の確保、舞台監督、照明やPAなどのスタッフを決めるのもプロモーターの仕事です。コンサート運営に関わる全てをマネジメントすると言ってもよいでしょう。
※自社でコンサート制作を行っている芸能プロダクションなどもあります。

どうすればコンサートプロモーターになれるのか?

コンサート制作会社やレコード会社、芸能プロダクションに就職することが近道といえます。
新卒採用なども、多くはありませんが、行われています。企業を調べ、求人情報をチェックする必要があるでしょう。また、アルバイトから社員として採用されるケースもありますので、制作会社などにコネクションがあることはプラスになるでしょう。

特別な資格などは必要ありませんが、コンサートの収支を黒字になるようにマネジメントすることが求められます。しっかり情報収集し正確な見込みを立案することや、的確に判断する力が必要とされます。

また、運営に関わる人々と交渉することも多いので、コミュニケーション能力も重要です。海外アーティストのコンサートなどでは、英語などの語学力も必要になってくるでしょう。そして、何より仕事を精力的にこなす体力が求められます。

どんな魅力があるのか?

コンサートの準備段階から当日、事後の業務と、拘束時間は長く、精神的・肉体的にハードな仕事かもしれません。ですが、裏方として、ひとつのコンサートを成功に導く仕事は、やりがいも大きいものになります。

アーティストや音楽に関わり、その素晴らしさを多くの人に伝えることができるのも、コンサートプロモーターの醍醐味といえるでしょう。