著作権管理|音大生就活ナビ

音楽著作権管理とはどのような仕事なのか?

音楽には著作権があり、権利などを管理する必要があります。音楽の権利の中で主なのが、作曲家や作詞家が持つ著作権です。その楽曲の著作権を作者本人にかわって行なうのが音楽著作権管理の仕事です。

具体的には、作者の死後50年が経過しているクラシック音楽や民謡などを除き、演奏されたり、CDなどの製品になる度に、作者が印税を得る権利が発生するので、それを管理します。

音楽著作権管理の仕事に就くためには?

音楽著作権に関わる会社というと、著作権使用料を徴収する団体ではJASRACの他に、イーライセンスやJRCなどがあります。

また、テレビ局は楽曲(音楽)出版社をもっている場合がほとんどです。例えば、日本テレビ局には「日本テレビ音楽株式会社」、NHKには「日本放送出版協会」があります。

他にも、音楽プロダクションやレコード会社の中に出版社をもっているところがあるので、これらの会社で募集を行っているので、求人情報をこまめにチェックすることが大切です。

※参考URL:日本音楽著作権協会(JASRAC)

どんな魅力があるのか?

音楽の市場は、技術進歩やその時代の人々の嗜好により変化し、[レコード]→[CD]→[配信]と変革期にあります。業界がインターネット主流に向け動く中、音楽著作権管理は時代に適応する柔軟性と、ユーザーと向き合って理解を求めていくコツコツとした努力が必要となります。ですが、相手の懐に飛び込む積極性や熱意がある人にはやりがいのある仕事です。

現在、音楽そのものの活躍の場が広がり、今後も自分の提案次第で音楽の新しい道ができる魅力があります。人と音楽を繋ぎたいという向上心がある人には、ぴったりな仕事です。

音楽著作権管理のお仕事の募集