音楽雑誌編集者|音大生就活ナビ

音楽雑誌編集者とはどのような仕事なのか?

雑誌を作るうえで統括をするのが雑誌編集者の仕事です。

アーティストにインタビューする場合は、取材日のセッティングから外部スタッフの発注、打ち合わせなどをして取材に臨みます。取材を終えたらそれらを記事にし、印刷会社への入稿・校正を行うなどさまざまな業務があります。

締切に間に合わせるためには、時には徹夜しなければならないこともあり、体力的に大変な面もあるでしょう。 終業時間が決まっているところもあれば、フレックス勤務のところもあり、出版社によりさまざまです。

音楽雑誌編集者の仕事に就くためには?

出版社に就職することを目指すべきでしょう。ですが、希望者の数に対して、採用は少なく、狭き門のようです。

採用においては、音楽に関する知識はもちろん、一般常識やコミュニケーション能力なども求められるでしょう。また、不規則な時間や長時間の仕事に耐えうる体力や、自ら企画を立案したりできる能力やバイタリティーも採用する側にとっては重要なポイントとなるでしょう。

就職前からアルバイトなどで編集者とのコネクションを築くことができれば、就職にプラスになることもあるようです。

どんな魅力があるのか?

様々な面で大変な仕事だとは思いますが、自分の作った雑誌が店頭に並ぶことや読者からの反響に大きな喜びを感じる仕事です。

また、編集者は自分で企画を考えて実行することができます。 取材したいアーティストを提案できたり、流行の音楽について特集するといった企画を立ち上げることが可能です。

それらをいかに世界に発信するか、どのような雑誌にするか、どのような言葉で伝えるかについて試行錯誤することがこの仕事のやり甲斐といえるでしょう。

音楽著作権管理のお仕事の募集