プロデューサー|音大生就活ナビ

プロデューサーとはどのような仕事なのか?

企画・制作やプロモーションから発売に至るまで、統括指揮するのが音楽制作の最高責任者であるプロデューサーの仕事です。作品に対してどのような方向性で売り出すのか戦略を考え、楽曲を選定し、アルバムを制作します。

また、アーティストのプロモーション方法を計画し、宣伝やキャンペーンの指示、テレビやラジオ出演のスケジュール調整をします。アーティストが決まっていない場合はオーディションを開催し、新人の発掘も行ないます。

スタッフやアーティストへ支払う経費の管理、CDの売り上げの計算などの経理関係を担当することもあります。

どうすればプロデューサーになれるのか?

音楽関係の大学や専門学校を卒業し、レコード会社や音楽出版社、芸能プロダクションに就職するのが一般的です。しかし、最初から制作現場に配属されることは少ないので、まずは配属部署で音楽業界の仕組みや営業・宣伝などを学び、その後、制作に携わるという道もあるようです。

制作部署に配属されてからは、ディレクターとして実績や経験を積み、プロデューサーを目指します。最近では、アーティストとして活躍した人がプロデューサーになることもあります。

どんな魅力があるのか?

アーティストの楽曲からプロモーションまで、ほぼすべてに関与することができるというこが最大の魅力でしょう。時代が求める楽曲、自分の思い描くアーティストを具現化できる立場にあるということは、責任も重いですが、その分やり甲斐も大きなものとなるでしょう。

また、アーティストの評価というかたちで、ファンからの反響を感じることができるということは、他の仕事ではあまりないことではないでしょう。